ストレートネック矯正と首こりにスローコア枕

ストレートネックは自分で治せる

ストレートネック解消

皆さん、こんにちは!

当サイトはこのような内容について紹介しています。

  • 20年間悩まされ続けた肩と首のコリを解消した方法
  • ストレートネックを解消する方法と知識

同じような悩みを持つ方の参考になるように作成していますので、
ぜひご覧ください!

えっ!レントゲンに写った首が真っ直ぐに!


 

ストレートネックになっていますねぇ。恐らくこれが原因で酷いコリが出ているんだと思いますよ。



ストレートネックのことを知らずに、肩や首のコリで整形外科を受診。
レントゲンを撮ってみたらストレートネックと告知されました。

そんな経験をされる方が最近増えています。


ウソ!私がストレートネックだなんて!


 

コリが酷くてネットや書籍で調べているうちにストレートネックという言葉を知りました。これって治るんですか?



もしかして私もストレートネックかも・・・
このような方も最近急増しています。

ストレートネックは放置してしまうと、
思いもよらない肉体的な症状や精神的な症状を招く
ことがあります。
だから、放置することは得策ではありません。


 

でも、首の骨って手術するしか手がないんじゃないかなぁ・・・



こんな心配しますよね。
でも大丈夫です。
頸椎椎間板ヘルニアなど他の合併症が出ていない場合、

ストレートネックは手術しなくても治せます。


実は、病院ではストレートネックだけでは手術しません。
しかも、手術以外の治療方法も確立していません。


病院に行かずに自力で矯正できます。


自力といっても、ストレートネックを治すには我流ではなく、専門家が作ったメソッドや、その道に詳しい整体師のもとで矯正を始めるようにして下さい。
書籍などから知識を集めると、より深く知ることができ、解消スピードも増します。

どのようなメソッドを選べばいいかは後述します。
おすすめ書籍も随時追加していきます。


ストレートネックとは?

ストレートネックのレントゲン

ストレートネックは文字通り、真っ直ぐな首のことを指します。
本来、首は湾曲していて、この湾曲が頭の重さや衝撃を分散させる役割をしています。

頭の重さは体重の10%ほどもあることはご存知でしたか?
そんな重い頭を細い首はずっと支え続けてくれているんです。

しかし、その働き者である首の湾曲が失われ、真っ直ぐになってしまうのがストレートネックです。
首の健康が失われた状態です。

例えるなら、家計を支える一家の大黒柱が、体調不良になってまともに働けなくなった状態です。
大変困った状況であることが想像できると思います。

ストレートネックについては以下のページで説明しています。
>>ストレートネックとは?


ストレートネックになる原因

現時点でストレートネックは病気には分類されず、単に首が真っ直ぐになった状態と位置付けられています。

では、なぜそのような"状態"になるのでしょうか。

今後、ストレートネックを自分で治していくなら、ストレートネックになる原因とそれによって発生する様々な症状を知っておくのが近道です。逆に知らないと、いつまでたっても改善されることはありません


ストレートネックになる原因

  • 猫背などに代表される姿勢の歪み
  • スマホを操作する時のうつむき姿勢
  • 椎間変性
これらが代表的な原因です。。

この中で椎間変性は病院に行くべき状態ですので、医師の指導のもと治療を行ってください。

ストレートネックになる原因の多くは、猫背とうつむき姿勢によるものです。
まず、この姿勢がダメだということを覚えておくことがポイント。
この姿勢をとり続ける限り、ストレートネックは治りません。

ストレートネックになる姿勢ついては以下のページで説明しています。
>>「ストレートネックになる姿勢」へ


ストレートネックは放置していい?発生する症状を紹介

ストレートネックになっても、何も自覚がない方も大勢みえます。
病院では、自覚がなければ問題ないとする先生もみえますが、私はそうは考えていません。

  • 首は湾曲があるのが正常な状態
  • 今後症状が出る可能性が高い

からです。

頭の重さは体重の10%程度なので、約5〜6kgですね。
これが不安定な状態になっているのですから、この先体調不良が出るのは目に見えています。

では、ストレートネックで発生する可能性がある症状を紹介します。

ストレートネックで発生する可能性がある症状

肩こり・首こり・頸椎ヘルニア・頚椎症・手や腕のしびれ・四十肩・五十肩・背中の痛み・頭痛・急性難聴・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠・睡眠障害・自律神経失調症・更年期障害・うつ症状・慢性疲労・イライラ感・集中力低下・ほてり・吐き気・その他不定愁訴など。
最初の方は首に近い部位で起きる症状なので、想像もつきますが、自律神経失調とストレートネックは一般的に結びつかないですよね。

自律神経失調症ってどんな症状が出るの?と思われている方も多いと思いますので、一例を紹介しますと、
自律神経失調症
※スローコアエクササイズより引用

もちろん、原因はストレートネックとは限らないので、あくまで可能性です。
しかし、ストレートネックの症状が進行すると、上記で挙げたような症状が複数に渡って出てくる可能性があるのも事実です。
もしかしたら既に出ている場合もあります。

それでもストレートネックを放置していいとは到底思えません。


ストレートネックを矯正するには?

ストレートネックを矯正

ストレートネックは簡易チェックでも診断できますが、実物を見たい場合は整形外科でレントゲンを撮ってもらうしかありません。
もしご心配なら受診されてみるといいでしょう。

ストレートネックだった場合どこに行けばいいのか、何をすればいいか悩むところです。

  1. 病院(整形外科)
  2. 整体
  3. 枕を変える
  4. ストレッチをする(専門的なメソッドや書籍など)

ざっと挙げただけでも選択肢はこれくらいあります。


おすすめは?

この中でおすすめなのは、

整体とストレッチ

です。

整体と言っても、ストレートネックに詳しい整体師がいなければおすすめしません。
私自身何度も整体に行った事はありますが、ストレートネックどころか肩こりを楽にしてくれることさえありませんでした。

整体院の場合は、整体師の経験やレベルによってかなり差が出るので、口コミで有名な方が近くで開院されているなら利用しましょう。
ただ、有名な整体師の場合は、予約が取れないこともあります。



枕を変えるのは?

枕を変えるという手もありますが、それだけでは物足りないと思います。
いずれ追記しますが、ストレートネックになっている段階で腰にある骨にも異常が起きているかもしれないからです。

ストレートネックを矯正していく最善の方法は、首だけの矯正ではなく、腰や足などを全体的にストレッチしていくこと
です。

だから、枕を変えることも有効なのですが、寝るだけでは全身のストレッチが必要なストレートネックの矯正としては少し弱いかなと思います。
ストレッチと併用されるなら心強い味方になるでしょう。


ストレッチは何を参考にすればいい?

ストレートネックを検索

インターネットのグーグルを使って「ストレートネック ストレッチ」で検索すると、なんと200万件近くも出てきます。

これを片っ端からチェックしていくのもいいですが、そもそもパソコンやスマホをずっと使い続けること自体がストレートネックを引き起こすわけです。

当サイトも含めてですが、ストレートネックについて解説しているページを何ページも読んでいるだけでストレートネックの危険性は高まるわけです。

ですので、専門家が書いた書籍を読むか、私が使ったようなストレートネック対策メソッドを使うのがいいと思います。

書籍の場合は、

  • ストレートネックの専門的な知識を簡単な言葉で理解することができる
  • ストレッチ方法が載っている

ものを選びましょう。

以下のような本がいいと思います。

>>ストレートネックにおすすめの本

価格が安くて、誰でも実践できる方法を紹介してくれているので、大変参考になります。


そして、私が利用したストレートネック解消方法はスローコアエクササイズという「誰もが安全安心に頸椎をけん引、矯正する枕」として技術特許を取得している方法です。

スローコアピロー 

少し変わった形の枕を使用し、首・肩・肩甲骨・腰・足といった全身をストレッチすることで、ストレートネックやそれに起因して出ている症状を改善していく方法です。

私は当初ストレートネックに対する知識はほとんどなく、以下の症状に悩んで使い始めました。

ひどい首と肩のこり、ほぼ毎日頭痛が発生、頭痛薬を持っていないと不安、そんな生活が約20年、病院では原因不明と診断され途方に暮れる、接骨院の先生に同情された、マッサージでは肩に指が入らず諦められた、コリが酷くなると吐き気、何もしてないのに疲れている、小学生の頃から猫背、いつも肩に力が入っている、思考がネガティブになりかけているのを自覚していた

最初は、ストレートネック解消というより、コリと頭痛の為に選んだ方法です。

スローコアエクササイズを選んだ理由は、

  • 専門家の知識と検証の結果により作られている
  • どんな商品よりも詳しそうなテキストもある
  • ストレッチ方法が多種多彩
  • 1日7分でできる方法だった

誰が作ったのかが分かり、理論に基づいた方法で、1日7分で楽にできるのが決め手でした。

スローコアピローテキスト
↑どんな商品よりも詳しいテキスト

そしてこれを続けた結果、肩こりや首こりがスッキリ解消!1日10時間以上のパソコン作業も余裕でこなせるようになりました。

ストレートネックについては、前に傾いていた頭が背骨がしっかり支えられる位置に近づき、横から見てもきれいな姿勢を維持できるようになりました。

肩や首のこりが解消されると気分が変わります。周囲の肩こりで悩んでいる人にスローコアを紹介したり、お節介もしました。

スローコアエクササイズ公式サイト 》


ストレートネックのセルフチェックはこちらでも紹介しています。
>>ストレートネックを自己診断


1番嬉しいのは、こりにくくなったこと、翌日の朝がスッキリしていること、頭痛薬を全く飲まなくなったことです。

スローコアエクササイズについては、体験記を作成しましたので、良かったらご覧ください。

スローコア枕を使っているから分かる!体験談と口コミいろいろ紹介

スローコアエクササイズの感想やポイント、内容、メリットをまとめてご覧になる場合はこちらをご覧ください。

スローコアエクササイズで20年も続いた肩や首のコリを卒業!

最後に

ストレートネックは自分で治せるにも関わらず、それを知らない為に悪化させてしまい、思いもよらない肉体的な疾患や精神的な疾患を抱えてしまう人が多いようです。

 

これは病気と位置付けられていないからかもしれませんね。

 

今後ストレートネックになる人が増えるのは間違いありません。
一刻も早くあなたもスッキリできることを願っております。

 

サイト管理人より

更新履歴