ストレートネックと二重あご

ストレートネックと二重あご

二重あご

 

神クラスの二重あごを持つマツコ・デラックスさんには申し訳ないですが、二重あごって嫌ですよね。
どれだけ顔が小さくて細くても二重あごになっているのを見るとちょっと残念に思えます。マツコさんの顔は小さくも細くもないですが・・・。

 

二重あごの原因としてまず最初に思い浮かぶのは、脂肪や水分の蓄積です。
だから太っている人は二重あごになりやすいのです。セットですね。

 

では、痩せている人は二重あごにはならないのでしょうか?

 

答えはノー。

 

痩せていても、二重あごになっている又はその兆候が見られる方はたくさんいます。
実はそこにストレートネックが関与している場合があるのです。

 

なんで痩せているのに二重あごになっちゃったのかなぁと思っている人は必見です。
特に肩こりや首こりを持っている人は既にストレートネックになっているかも。

 

ストレートネックになると二重あごになりやすい理由

まずはご自身がストレートネックかどうかチェックしましょう。
すでにストレートネックであることを自覚されている方はこのまま読み進めて下さい。

 

ストレートネックの簡易チェックの方法

 

それでは、なぜストレートネックだと二重あごになりやすいのか説明しますね。

 

ストレートネックは顔が正常な位置より前に出た状態です。

 

ストレートネック

 

本来は首の湾曲により頭は背骨の延長線上にあるのが正しいのですが、ストレートネックになっていると頭は背骨より前に突きでた状態になります。

 

実はこの状態、筋肉が緩んでいるんです。

 

試しにあごを引いた状態で、あごの下をつまんでみて下さい。
つまみましたか?

 

そのまま顔をニュッと前に出してみましょう。
どうでしょう。
少し緩んだ気がしませんか?

 

そのままもう1度あごを引いてみて下さい。
つまみにくくなったのではないでしょうか。

 

筋肉が緩むと、そこに脂肪や水分が溜まりやすくなります。
ストレートネックで顔が前に突きでた状態が長引くと、あごやその周辺の筋肉はゆるんでしまい二重あごになりやすくなるのです。

 

あまり意識されている方は少ないのですが、ストレートネックは美容の天敵だったんです。

 

二重あご対策「姿勢を正そう」

ここからはあまり太っていない方の二重あご対策です。
太っている方はダイエットと一緒に試してみて下さい。

 

まずは姿勢を正しましょう。
頭は背骨の上に来ているのが正しい位置です。

 

今はどうですか?
このページはパソコンやスマホでご覧になっていると思います。
頭が前に突き出ていますよね。

 

1日のうちでこのように頭が前に突き出ている時間を減らさないとません。
その為には姿勢を意識することが重要です。

 

スマホを使われる方は、いつもより高い位置で画面を見るようにしてみましょう。

 

理想は顔の高さです。

 

外出先で顔の高さでスマホを操作するのに抵抗があるなら、自宅にいる時だけでもやってみて下さい。

 

そして、猫背も頭が前に出てしまう原因です。
いきなり正しい姿勢に直すのは難しいと思いますので、お腹をひっこめる感じにしながら少し胸を前に出すようにしてみましょう。
これだけでも少し姿勢が良くなったと思います。
ついでに肩の力も少し抜けたのではないでしょうか。

 

私も猫背ですが、気づいた時にやっています。
私の場合は、背筋を伸ばそうと意識すると肩に力が入ってしまうので、お腹と胸を意識するようにしています。

 

二重あご対策「よく噛もう」

食べ物を噛む回数が少ないと、あご周りの筋肉が弱くなります。
筋肉が弱いと脂肪や水分の蓄積を招くので、少し鍛えてあげましょう。
仕事もあるでしょうが、できる限り食事の時間を今までより多く取り、噛む回数を増やしてください。

 

それと固いものを噛むようにしましょう。
固い物は噛む力が強くなり、噛む回数も増えるのでおすすめです。

 

二重あご対策「口を動かそう」

大きな口で「あいうえお」体操をするのもいいかもしれません。
口を大きく動かすことで筋肉を使うことができます。
オーバーな感じではっきりと「あいうえお」と口を動かしてください。

 

痩せているのに二重あご!ストレートネックがもたらす意外な弊害まとめ

いかがでしたか。
まさかストレートネックが二重あごにも関係しているなんてと思った方が多いのではないでしょうか。

 

もちろん二重あごの原因はストレートネックだけではありません。
しかし、二重あごを解消するための対策をしているのに、ストレートネックや姿勢を放置していてはその努力が報われないですよね。

 

二重あご対策は専門外なので、対策方法はまだまだあると思います。
せっかくあご周りをスッキリきれいにしようとされているのなら、このページの内容も頭に入れておいて損はありませんよ。


↓このストレッチ法は私が証人です!↓


スローコアエクササイズ