ストレートネックの診断・検査

ストレートネックが不安になったら行動を

 

医療機関で検査

 

ストレートネックという言葉を目にしたり耳にしたりする機会が増えました。
一種の国民病みたいになりつつある今、ますます耳にする機会は増えていくことでしょう。

 

もし、あなたがストレートネックへの不安を抱いた時、どこに行けばいいのでしょうか。
行くべき医療機関、検査や治療方法を紹介します。

 

おすすめは整形外科

まだ治療方法を考える段階ではなく、ストレートネックがどうかを知りたい場合、まずは整形外科を受診して下さい。
少しまどろっこしい言い方をしましたが、この理由は後々お分かりいただけると思います。

 

ストレートネックは「病気」ではありません。
あくまで首の骨が本来のS字カーブを失った「状態」のことを指します。

 

はっきりと判明させるにはレントゲンで検査することになります。
その写真を見て医師が診断を行います。
整体師の先生でもベテランになれば見ただけで判断できるようですがレントゲンが確実です。

 

実は、検査をする為に整形外科をおすすめするのにはもう1つ理由があります。

 

例えば、腕にしびれがあったり、頭痛があったり、歩くのがしんどいくらい腰に痛みがある場合、
ストレートネックではない病気が隠れているかもしれません。

 

それをはっきりさせ、適切な処置に専念できるように検査をした方がいいのです。
整形外科の場合、必要に応じてMRI検査もできるので、まずは整形外科に行き検査・診断をしてもらうのがいいでしょう。

 

特につらい症状があるわけではなく、ちょっと気になった程度なら自己診断もできますので、参考にご覧ください。

 

超簡単!ストレートネックを自己診断 | ストレートネックと首こり・肩こり

 

整形外科で行われる主な処置

残念なことにストレートネックと診断された場合、整形外科ではどのような治療・処置を行うでしょうか。

 

一般的な整形外科では

 

  • 薬の処方
  • 低周波治療
  • マッサージ
  • 指導
  • コルセット

 

このような処置をされるのが一般的です。。
とは言っても、この全部をするわけではありません。
薬の処方だけで終わる病院もあります。

 


 薬の処方 
薬の処方は、いま起きているつらい症状を和らげる為に行われます。どこかが痛ければ痛み止めを出し、こりが酷ければ筋弛緩剤という筋肉の緊張をほぐす薬を服用します。または湿布などの外用剤を処方されて終わることもあります。

 


 低周波治療 
低周波治療や電気治療は物理療法と呼ばれます。それ自体に治療の効果はないことが多く、筋肉を柔らかくすることで一時的に痛みを軽減させたり、リハビリをしやすくするために使われたりします。
首の骨に湾曲が戻ることはありません。

 


 マッサージ 
マッサージまでする整形外科は少ないでしょう。、筋肉をほぐすことが目的になりますが、中にはストレートネックに精通した医師や理学療法士がいる病院なら、治療に繋がるマッサージをしてくれるかもしれません。

 


 指導・コルセット 
生活習慣やストレッチの仕方などを指導します。
あまりないかもしれませんが、首の状態が酷い場合はコルセットを作ることもあり得ます。

 

まとめ

ストレートネックとは病気ではなく、首がまっすぐになった状態のことを言います。
検査は整形外科でレントゲンを撮影し、医師が診断を行います。

 

ストレートネックだった場合、よほど精通した医師や治療に熱心な医師じゃない限り「対症療法」だけで終わることが多いです。
対症療法とは、いま出ている症状を抑えるための処置で、根本の原因を取り除く治療ではありません。

 

ここであなたに選択肢が生まれてしまいます。
このまま対症療法でストレートネックと付き合うか、別のところに行くかです。
もちろん、幸いにもストレートネックへの取り組みが熱心な医師でしたら変える必要はありません。

 

対症療法だけしかしてくれない場合に選択肢を考えねばなりません。
これが『まだ治療方法を考える段階ではなく、ストレートネックがどうかを知りたい場合、まずは整形外科を受診して下さい。』とお話した理由です。

 

ストレートネックを解消したいなら、このまま対症療法だけではその願いは叶いません。
ストレートネックの改善を考えるなら、惰性で病院に通うのではなく、そのまま通院して良くなるのかを見極めなければいけません。


↓このストレッチ法は私が証人です!↓


スローコアエクササイズ