ストレートネックで頸椎椎間板ヘルニアのリスクが上がる

ストレートネックで頸椎椎間板ヘルニアのリスクが上がる

頸椎

 

ストレートネックになると、首の骨(頸椎)が常に圧迫されることになります。
その状態が続くと、頸椎に異常が起きることもあります。

 

頸椎に起きる異常の1つとしては、
頸椎椎間板ヘルニア
が挙げられます。
首に起きるヘルニアですね。

 

ストレートネックは放置せずに矯正すれば改善されるので、悪化する前に矯正を始めましょう。

 

 

頸椎椎間板ヘルニア

 

 

ところで、頸椎椎間板ヘルニアってどんな状態なんですか?


 

まず、椎間板とは骨と骨の間にあるクッションのような存在のことを言います。
水分をたっぷり含んだ柔らかいゼリー状の髄核と呼ばれるものを、軟骨が取り囲んで椎間板はできています。

 

いつも体は動作に対して衝撃を受けています。
もし椎間板がないと、硬い骨と骨がぶつかり合い、骨が傷ついてしまいますよね。
その衝撃を椎間板がクッションとなって和らげてくれているのです。

 

椎間板が分かったところで、続いてはヘルニアです。
ヘルニアとは、髄核が椎間板から飛び出した状態を呼びます。
ヘルニアとはドイツ語で「飛び出す」という意味です。

 

そのヘルニアが首の骨(頸椎)で起きている状態が頸椎椎間板ヘルニアなのです。

 

ヘルニアは神経を圧迫することがあるので、生活に支障が出ることもあります。

 

 

ストレートネックで頸椎椎間板ヘルニアになる理由

 

 

体の中でそんなことが起こるなんて怖いですね。でも、なんで髄核が椎間板から飛び出しちゃうんですか?


 

頸椎椎間板ヘルニアの原因を断定するのは難しいのですが、椎間板の加齢や猫背などの悪い姿勢、スポーツによって発症することがあります。

 

では、ストレートネックが頸椎椎間板ヘルニアとどんな関係があるかと言うと、
ストレートネックの場合、頸椎を常に圧迫している状態なので、髄核が飛び出しやすくなってしまうのです。
その為、頸椎椎間板ヘルニアはストレートネックが原因になっていることもあるのです。

 

また頸椎椎間板ヘルニアになると、頸椎神経を圧迫するので手や腕にしびれや痛みが出るようになります。
ですから、悪化する前に一刻も早くストレートネックを解消する必要があるのです。

 

 

頸椎椎間板ヘルニアの症状

 

 

めちゃくちゃ怖いですね!私も何とかしなくちゃ。他にも症状は出るんですか?


 

頸椎椎間板ヘルニアの症状は手や腕だけではありません。
下半身にも影響が出ることがあります。

 

  • 首や肩
  • 痛み、こり、前胸部痛、背中の痛み、だるさ、違和感

     

  • 腕や手
  • 痛み・しびれ・だるさ・むくみ・握力低下・筋肉の萎縮

     

  • 頭や顔
  • 後頭部の痛み・目の奥の痛み・眼精疲労・目の充血・耳鳴り・めまい、ふらつき、痛みによる吐き気

     

  • 下半身
  • 足の張り・歩きにくくなる・尿失禁・尿コントロール障害、尿失禁

 

 

多くは首や肩から症状が出ることが多いようです。

 

やがて悪化が進むと下半身にも影響が出るようになります。
言い換えると、
下半身まで症状が現れた場合は、頸椎椎間板ヘルニアがかなり悪化している
ということです。

 

 

悪化すると手術することも

 

 

あ、あまり聞きたくないですけど、頸椎椎間板ヘルニアは手術しないといけないのでしょうか?


 

比較的症状が軽く、初期の場合はいきなり手術をするのではなく、保存療法を行うことが多いです。
手術療法は患者への負担が大きいので、症状の状態が改善せず、悪化の恐れがあり、生活に支障が出ている場合に行います。

 

保存療法は症状の重さや出かたで異なりますが、まずは安静にすることが1番です。

 

他には

  • コルセットなどの装具療法
  • 牽引や低周波治療、温熱療法といった理学療法
  • 湿布や内服薬で炎症を抑えたり筋肉を和らげる薬物療法
  • 痛みを抑えるブロック注射

があります。

 

鍼やカイロプラクティック、整体院でケアすることもありますね。

 

 

もういいです・・・
頸椎椎間板ヘルニアは悪化させる前ににきちんとしたケアをしないと大変ということですね。


 

 

「ストレートネックで頸椎椎間板ヘルニアになるリスクが上がる!」のまとめ

ストレートネックになると必ず頸椎椎間板ヘルニアになるというわけではありません。

 

しかし、そのリスクが上がることは間違いないので、早めに矯正を始めることがポイントです。

 

頸椎椎間板ヘルニアになったかどうかは自分では分かりません。
MRI検査によって確定されるので、心配な方は1度受診されてもいいかと思います。

 

ヘルニアになると軽度であってもその後の生活に支障が出ます。
私は腰の椎間板ヘルニアになり、手術まではいきませんでした。
普通の生活に支障はありませんが、少し疲れるとすぐに足腰に症状が出ますし、ほんのちょっとのことで痛みを感じやすくなります。

 

ヘルニアになる前にストレートネックの矯正を始めるようにして下さい。

 


↓このストレッチ法は私が証人です!↓


スローコアエクササイズ

関連ページ

頸椎症のリスク
ストレートネックには様々な症状を引き起こすリスクがあります。頚椎症もその1つ。ストレートネックと頚椎症の関係を知って、早めに矯正するようにしましょう。
耳鳴りとストレートネック
耳鳴りの原因は非常に多種多様で、特定が困難な症状です。中にはストレートネックや肩こりが原因の1つになっていることもあります。1度気にしてみてはいかがでしょうか。