ストレートネックにおすすめの本 酒井慎太郎感想

ストレートネックの解消にやるべきこと

 

ストレートネックおすすめの本

 

病院でストレートネックと診断されたり、自分でストレートネックかもしれないと思った時に、まずそれに関係する本や情報を探すと思います。
皆さんも恐らくそうではないでしょうか。

 

ただここで間違えやすいのが、ストレートネックを解消するノウハウのみに目が行ってしまうこと。
早く何とかしたいという気持ちが先行するのは仕方ありません。

 

でも、なぜストレートネックになったのか、どういった症状が現れるのかを知っておかないとせっかくのノウハウも役には立ちません。

 

ノウハウだけでは役に立たない理由

ストレートネックに突然なることは事故を除きほとんどありません。
日々の生活の中で行う悪い習慣によって徐々に進行していくのです。

 

もし、優れたノウハウを見つけてそれを実行したとしても、日々の悪い生活習慣を意識できていなければイタチごっこで終わってしまいます。

 

毎日一生懸命ストレッチをしているのになかなか良くならない。
それもそのはずです。

 

せっかく頑張ってストレッチをして首の状態を良くしているのに、生活の中でそれ以上に悪い習慣を続けていては前に進まないのです。
進まないだけならまだいいかもしれません。
もしかしたら後退している可能性もあります。

 

しかし、ストレートネックになる原因を知っていれば、日々の生活の中で行われている悪い習慣を正そうという意識が芽生えます。
その上でストレッチをした方が効果的であることは間違いありません。

 

そこで、ストレートネックの全体像がわかるおすすめの本を紹介します。

 

酒井慎太郎著書「あなたの首の痛み・肩こりはストレートネックが原因です!」

 

あなたの首の痛み・肩こりはストレートネックが原因です!

 

「あなたの首の痛み・肩こりはストレートネックが原因です!」(amazon)

 

この本はストレートネックの入門書でもあり、解消するためのノウハウ本にもなっています。
専門的な用語をなるべく使わず、誰でも理解できるような簡単な表現を使って詳しく解説されているのが特徴です。

 

全5章で構成されていて、実践ノウハウは3章に書かれているのみです。
それ以外の章はストレートネックに関する内容の解説ですが、正直な感想は3章より1章や2章こそ読んでおくべきではないかと思いました。
詳しい内容と感想は後で紹介します。

 

酒井慎太郎とは?

この本の著者である酒井慎太郎氏をテレビや雑誌で見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

ストレートネックだけではなく、テレビやマスコミでは「神の手をもつ治療師」とか「腰痛治療界のゴッドハンド」など神的な存在として紹介されています。

 

売名目的でテレビに出るのではなく、モデルやタレント、プロアスリート、格闘家がプライベートでその治療を受けているほどの実力と実績を持っています。

 

本当はクリニックに行くのがオススメ

酒井慎太郎氏はクリニックを経営しているので、本当はそこに行くのが1番いいでしょう。
しかし、東京にお住まいじゃなければなかなか行けないでしょうし、そもそも予約が取りにくいんです。

 

そこで今回紹介する「あなたの首の痛み・肩こりはストレートネックが原因です!」が役に立ちます。
酒井氏自身もストレートネックは自分で解消していくことが可能と話されているので、お困りの方は1度読まれることをおすすめします。

 

本の目次と概要

 

本の内容

 

酒井慎太郎氏の「あなたの首の痛み・肩こりはストレートネックが原因です!」の目次とその概要を紹介します。

 

著作権があるので詳しい内容までは書けませんが、各項目を読んだ率直な感想を紹介します。
「この本にはどんなことが書かれているのだろう」と気になる方の参考になればと思います。

 

<<第1章>>「前へニュッと突き出した首」こそが不調の始まりだった!

  • あなたの頭と首は前に突き出てはいませんか?
  • ストレートネックが国民病であることを解説しています。このページを読んでから人を見ると「確かに!」と納得してしまいます

  • ストレートネックこそが体の関節を痛ませる元凶だった!
  • モデルやタレントも利用する人気のクリニックなので、首だけではなく体全体の悩みを持った患者が毎日大勢来ます。日々の治療の中で気づいた共通項こそストレートネック。もしかしてその症状も・・・

  • ストレートネックかどうかを自分でチェックしてみよう
  • 誰でも簡単にできるチェック方法を図解入りで紹介しています。肩こりでこの本を手に取る方も是非試してください

  • カーブが失われると、てきめんに肩・首に不調が現われる
  • ストレートネックとは何なのかが分かります。なぜ肩や首がこるのかもこのページで理解できます。そしてさらに怖いのは・・・

  • 頭が2センチ前に出ると首の負担は2倍に!
  • ストレートネックになる原因がこのページで分かります。原因を知ることで日々の行動を見直すきっかけにもなります。第3章からの「6つの習慣」にも繋がる内容です

  • 女性と子供はとくにストレートネックになりやすい
  • 肩こりや首こりは女性に多いと言われます。ストレートネックも同じなのですが、本当に注意しておかないといけないのは男性の方かもしれません。彼氏やご主人にも読ませてあげて下さい

  • 頸椎に正しいクセを覚え込ませれば、ストレートネックは治る
  • ストレートネックを元に戻すなんて病院以外でもできるの?と思っている方はこのページを読めばスッキリします。矯正を始める前のマインドセットです

  • ストレートネックとわかっても、医者は何もしてくれない
  • 病院でストレートネックと診断されたのに治療が始まらない。その理由を説明しています。え、そうなの?病院が最終手段だと思っていたのにと感じるかもしれません

  • 今ちゃんと治しておかないと、先々後悔することに・・・
  • ストレートネックを放置したことで後悔している方々を紹介。今はスッキリした気持ちですが、"もっと早く知っていれば人生違ったかもしれない"と口々に話されています

  • ストレートネックを治して「痛まない体」を手に入れよう
  • 第1章のまとめです。ストレートネックは自分で対処できること、自分で解消していこうと思えるようになります

<<第2章>>頭と首が前に出ると、健康と美容の「柱」が崩れていく・・・

  • 頭を前へ突き出した姿勢は人間が退化している証拠!?
  • 人間が二足歩行で進化できたポイントは体内の柱のおかげです。この柱がなんと昔の状態のように変形?もしかして類人猿体型になっていませんか?

  • 体重の7割を後ろにかけて「柱」の機能を引き出そう
  • この本の中で私がかなり重要だと思っているページです。ここに書かれていることを意識してみると、それだけで普段の姿勢が変わります

  • 「後頭骨」と「第一頸椎」の間が狭まると不定愁訴が現われる
  • 不定愁訴とは、体に現れる原因がはっきりしない嫌な症状のこと。精神的な症状も含みます。もしかしたらその不定愁訴の原因は首にあるかもしれません

  • 手や腕のしびれは、頸椎の下のほうが圧迫されているサイン
  • 手や腕のしびれの原因は別のところにあるかも。なかなか取れないしびれの場合は首を疑ってみるといいかもしれません

  • ストレートネックが胸椎に進むと「スワンネック」になる
  • 頭・首・肩・胸が前に出ている状態がスワンネック。猫背の人に多いです。そのスワンネックが肋間神経痛、動悸、息切れに繋がる場合もあるそうなので見逃せません

  • ストレートネックを放っていると腰痛になりやすい!
  • ストレートネックを放置すると腰痛に発展することも。ポイントはこの後で説明される仙腸関節。この仕組みが理解できます

  • 頭を前に出していると、仙腸関節の機能が落ちてしまう
  • 仙腸関節の機能が落ちる原因は●●●●筋だった?ストレートネックと全く関係なさそうな"あの症状"の原因になることも。ストレートネックが及ぼす症状が分かります。

  • 「首も腰も1本の柱」、だからトータルに診ていくべき
  • 西洋医学では首痛なら首しか診ない、腰痛なら腰しか診ないのが普通です。体は1本の柱で支えられています。ということは・・・

  • 頭が前に出ているのは、第一印象的にも大きなソン
  • ストレートネックだと人からの印象にもマイナスの影響が。少し心にグサッときますが、この事実を認識することが大事です

  • 放っていると「おばあさんのような姿勢」になってしまう!?
  • 若くても要注意!おばあさん姿勢の一歩手前の若い人はたくさんいます。見た目も気にする人は必ず読んでおきましょう

  • お腹やお尻に脂肪がついてくるのもストレートネックのせい!?
  • 痩せていても●●やお腹、お尻、●●●に脂肪がつくのは"ゆるみ"のせい。ダイエットしているのになんで痩せないんだろうと悩んでいる人はここもチェックしておきましょう

  • 健康と美容の作動スイッチをオンにしよう
  • 第2章のまとめです。ストレートネックが健康・美容面でどれだけの影響を及ぼす可能性があるかをここで復習することで、前向きに改善しようという心構えができます

<<第3章>>自分でストレートネックを治す6つのカンタン習慣

  • 頸椎に「正しいクセ」をインプットする6つの習慣
  • これから実践する6つの習慣の紹介です。第2章までをしっかり読んでいれば、期待でいっぱいの気持ちになっているはずです

  • メニュー1「アゴ押し体操」を頻繁に行なう習慣をつける
  • いつでもどこでも誰にでもできる簡単な体操があります。酒井慎太郎氏も実践している方法で、首の正しい姿勢を身体に覚えさせる効果があります

  • メニュー2テニスボールで「頭と首の境目の関節」をゆるめる
  • 酒井慎太郎氏が多くの患者の悩みを解決してきた関節包内矯正を簡易的にできる方法を図解付きで習得できます。1分程度である道具を作り、それを使い続けることで神経を解放させていきます。方法も簡単で●●だけです

  • メニュー3テニスボールで「仙腸関節」をゆるめる
  • メニュー2で使った道具を使い仙腸関節をゆるめる方法を習得します。メニュー2と併せて5〜6分程度でできる方法です

  • メニュー4「タオル枕」で寝る
  • 今まで抱いていた枕の常識が覆るかもしれません。タオル枕はストレートネックが酷い場合に使う方法で、最終的にはある状態で寝ることを理想としています

  • メニュー5入浴時に首をよく温める
  • 首や肩にトラブルを持っている人にオススメの入浴方法が分かります。入浴方法を変えるだけでコリが楽になるかもしれません。注意点も紹介しているのでよく読んでおきましょう

  • メニュー6スマホ&パソコン使用時のうつむき姿勢に注意する
  • ここでは理屈を理解し、日々の生活の中でどれだけ首を傾けずに過ごすことができるかの工夫を紹介しています。スマホを顔の高さで操作している人って本当は正しい使い方をしていたのですね

  • ストレートネック解消までかかる期間は?
  • 誰もが気になる期間ですが、ストレートネックの状態によります。ただ今回のメニューをこなせば1ケ月程度で違いを実感できるでしょう。1か月が長いと感じる方は、この先何百か月をストレートネックで苦しむかを考えてみましょう

<<第4章>>二重アゴ、ムチウチ、四十肩…首・肩まわりのお悩み解消Q&A

    この章はQ&A方式になっていて、読むことでついついやっている日常の悪い癖、ストレートネックが及ぼす意外な影響、仕事中にできるいい習慣に気づくことができます。疑問に思っていない内容のページも読んでおくことをオススメします。

    • 首・肩をいたわる?ちょっとしたコツ?を身につけよう
    • Q1 ストレートネックを治せば、二重アゴが解消する!?
    • Q2 首にシワができるのもストレートネックのせい!?
    • Q3 ムチウチにはどう対処するのが正しいの?
    • Q4 「首の回り具合」が狭くなっていませんか?
    • Q5 重いアクセサリーが首こりの原因になるって本当?
    • Q6 首をよくすればデコルテラインもきれいになる?
    • Q7 首を傾けるクセやテレビを観る姿勢にも要注意!?
    • Q8 ほおづえをつくクセはNG? それともOK?
    • Q9 強めのマッサージをしてはいけないの?
    • Q10 ストレートネックの人は四十肩・五十肩にも要注意?
    • Q11 仕事の合間にやったほうがいい「肩の体操」って?
    • Q12 「たすきがけ」が、ねこ背の防止に効果的!?
    • Q13 姿勢を正すテーピングの「裏ワザ」があった!?
    • Q14 首・肩の健康にはファッションも影響していた!?
    • Q15 ヒップホップダンスは首によくない運動だった!?
    • Q16 頭の上に本を載せて歩くといいって本当?
    • Q17 毎日のバッグの持ち方にも注意したほうがいいの?

<<第5章>>首をちゃんと治せば、体も心もグッと若返る!

  • 同い年で「老けた人」と「若い人」の差がつく理由は?
  • ここでもう1度、首の問題が全身に波及していくことを思い返します。健康や美容には体の土台を整えることがスタートラインなのです

  • 「寝たきりコース」を「健康長寿コース」に切り替えよう
  • ロコモティブ・シンドロームについてのページです。40代以降だけではなく、20代・30代でも早めに意識しておくことで将来が変わるかもしれません

  • 首のスイッチをオンにすれば老化の流れも変えられる!
  • 首を元に戻すのって難しいんじゃないの?って思っている方必見です。ここまでこの本を読んでくれば、そういう不安は抱かないと思いますが

  • 頭を高く上げて「うつむいてばかりの社会」を変えていこう
  • このページを読むと、うちの会社もそうしてくれればなぁと思うかもしれません。まずは自分の姿勢への意識から始めましょう。精神的にまいっている人ほど実践すべきです

  • うつむきをやめると、体だけじゃなく心も上向きになる
  • 名言"うつむき=●むき"。毎日の生活の中でこれを意識するだけでも気持ちを軽くできるかもしれません。自分の精神をコントロールする1つの方法だと思います

  • ストレートネックを治して「自分本来の姿」を取り戻そう
  • この本のまとめのページです。ここまででストレートネック解消に取り組むことの重要性やメリットは理解できています。あとは一歩踏み出すだけです

 

【ストレートネックにおすすめの本】酒井慎太郎著書の感想まとめ

 

「あなたの首の痛み・肩こりはストレートネックが原因です!」はストレートネックの全体的な知識を身につけるのに非常に適した本だと思います。
ただし、ストレッチをする方法だけを読むのでは効果は出ません。

 

むしろ、それまでに書かれているストレートネックになる原因やそこから派生する様々な症状を理解できたのが大変参考になりました。
これを知ることで日々の生活の中でやってはいけないことを自発的に気をつけるようになり、1つ1つのストレッチの意味が理解できるようになったからです。

 

例えば、身体的な健康だけではなく、鬱との関係、生理との関係、美容や老いとの関係など知らない人の方が多いはずです。
私もそこまで知りませんでした。

 

孫子の有名な言葉に『彼を知り己を知れば百戦殆うからず』という名言がありますが、まさにストレートネックのことを知り、自分の悪しき習慣を知って日々対処すれば苦しめられることはなくなるのではないでしょうか。

 

今まさにストレートネックと戦おうとしている方におすすめの1冊です。

 

「あなたの首の痛み・肩こりはストレートネックが原因です!」


↓このストレッチ法は私が証人です!↓


スローコアエクササイズ