マッサージや整体に行ってもこりが取れない理由

肩こり・痛み

 

長年悩まされ続けている肩と首のこり。どこに行ってもその場しのぎで翌日にはまたこり出す。肩や首のこりに悩んでいる人の多くはこのようなことを繰り返しています。中にはこり過ぎて、感覚が麻痺してしまっている人も。今回は私の経験を元に「なぜ『こり』は繰り返されるのか」をお話します。

 

 

病院に行っても解消されない肩こり

 

病院

 

肩や首のこりが辛くて病院に行かれた方も多いと思います。なのに、治ったという声は聞きません。これはなぜでしょうか?一時的なこりであるなら、病院で処方される湿布などで緩和させることはできるでしょう。しかし、慢性的なこりとなると、湿布やビタミンB剤、ビタミンE剤、痛み止めなどを処方されても治ることはありません。

 

それはなぜでしょう?
実はその処置は対症療法だったのです。

 

対症療法とは、出ている辛い症状を抑える処置。根本を治療する処置ではないのです。肩や首のこりは病院で治療することはまずできなかもしれません。

 

肩や首の筋肉が異常に緊張して硬くなるとこりが発生します。先生によっては、筋弛緩剤を処方してくれる場合もあります。でも、硬くなった筋肉を一時的にほぐすだけで、硬くならないようにはできないのです。

 

例えば、こりの最大の原因であるストレートネック。整形外科でレントゲンをとり、ストレートネックと診断されても、首の牽引をして、湿布、痛み止めを処方されて終わり。全然ストレートネックが治らないという声を耳にしますし、ネット上でもそのような意見を多く見ます。ストレートネックは首の牽引だけでは治らないので、当然の結果なのです。

 

かと言って、病院の先生が手を抜いているわけではありません。ストレートネックを治す専門ではないだけです。整形外科でストレートネックに前向きに対処できる医師はごく僅かしかいないでしょう。手術で治せるものなら整形外科で治療できるはずですが、ストレートネックは手術できるものではありません。

 

 

整体は手技をする人のレベルで大きな差が

 

病院

 

では整体の場合はどうでしょうか。

 

これは、こりの原因が首の骨の異常と考えるかどうかで結果は変わってきます。少なくとも私が通った整体では、効果はありませんでした。その日すら楽になった記憶はありません。筋肉が異常に硬いという状況は教えてくれても、治してはもらえません。

 

しかし、こりに対して研究熱心な先生は、細かい指導を行い、こりを発生しない体に作り変えることもできます。残念ながらそこまでしてくれる整体師もごく僅かだと思います。これはレベルの差と言えます

 

 

マッサージは肩こりを悪化させることもある

 

マッサージ

 

マッサージに至っては、一時の快楽で終わることの方が多いのではないでしょうか。

 

確かに硬くなった筋肉に指を入れてもらうと気持ちいいです。私もそれにはまってました。不思議なことに、どんどんと強さを求めるようになっていくのがマッサージの怖いところ。筋肉は外部からの圧力に抵抗する力があります。強い刺激を受ければ受けるほど、より硬直していく性質があります。

 

だから、マッサージで強い刺激を受けると、余計に「こりやすい」体になっていきます。マッサージ師も柔らかい力で、体をなでるような手技をするわけにはいきません。クレームになるからです。グイグイするのがマッサージのイメージですからね。

 

結局のところ、一時の快楽を求めて、肩こりを悪化させることにも繋がります。

 

 

モミ返しを減らすにはこの一言

 

せっかくこりをほぐしてもらったと思ったら、翌日か翌々日にさらに酷い肩こりに見舞われることがあります。

 

これは、モミ返しと言われるもので、強い刺激を受けた筋肉は傷つくのです。だから翌日以降にさらに痛みが増したりするのです。コリをほぐしにマッサージなどに行かれる場合は、「弱い力」でしてもらうようにしましょう。その時の気持ちよさは減るかもしれませんが、筋肉にとってはその方が嬉しいのです。

 

力加減はどうですか?と訊かれたら、「弱くして下さい」と答えましょう。

 

 

カイロプラクティックは効果あり

 

肩と首のこりに悩まされた20年弱。いちばん良かったのはカイロプラクティックでした。筋肉を刺激することなく、弱い力でポイントだけほぐす。正にほぐすという表現の手技でした。こっている場所だけではなく、なぜ肩にこりが発生しているのか、なぜ腰に痛みが生じているのか、そこまで研究されていたと思います。

 

今思えば、私がやっているスローコアエクササイズに近いことをしてもらっていたと思います。

 

ただ、カイロプラクテッィは1回の料金が高い。4000円〜5000円くらい1回に支払っていました。しかも予約制だったので、お互いのスケジュールを合わせる必要があります。希望通りに通い続けることはできませんでした。

 

 

いい先生に巡り遭えればチャンスあり

 

肩こりには原因があります。なぜ首や肩の筋肉が緊張したままになって硬くなっているのか。こりを感じる原因は筋肉の異常な緊張や硬直ですが、そうなるプロセスは何なのかを考えないといけません。

 

「姿勢が悪いから?」

 

なぜ姿勢が悪いとこりに発展するのか。そこが問題なのです。

 

こりの原因のほとんどは、首の異常から来ています。そこを治してくれる先生に出会わない限り、こりは繰り返し発生するのです。膝が痛い人に対して、首の状況を見るくらいのことをする先生に出会えれば、こりを解消させてくれるでしょう。


↓このストレッチ法は私が証人です!↓


スローコアエクササイズ

関連ページ

ストレートネックとは
ストレートネックをご存知ですか?知らないと生活にも支障が出ることもあるんです!現代の生活習慣は、ストレートネックになるのが当たり前!?その原因を説明します。
ストレートネックになる姿勢
ストレートネックになる姿勢を知ることで、ストレートネックからの改善や予防に繋がります。ストレートネックを解消する第一歩はこちらから。
ストレートネックになる姿勢を矯正する方法
ストレートネックを解消するためには、ストレートネックになりやすい姿勢を矯正することが必要です。そのために必要なヒントを紹介しています。
超簡単!ストレートネックを自分でチェック
ストレートネックかどうかは簡単に自己診断できます。肩や首のこりが気になる方、顔が前のめりになっていると感じる方、姿勢が悪い方は、まずストレートネックの自己診断をしてみましょう。
巻き肩矯正ストレッチ
健康にも美容にも悪影響を及ぼす巻き肩。巻き肩を解消するポイントを2つとどのストレッチ方法がいいかをご紹介します。
CMで有名なビタミン剤を飲んでもこりが治らない理由
肩こりや首こりに良さそうなビタミン剤。飲んで良くなる人、全く治らない人がいるのはなぜでしょうか?
偏頭痛に効果のあるコーヒー。首こりや肩こりの頭痛にはダメ!
コーヒーは頭痛にいいのか悪いのか?頭痛の種類によって違ったのです。
首が動かなくなる実験
ストレートネックが進行すると首にどんな影響が出るのかピンと来ていない方は、ぜひこの体験をしてみて下さい。日頃の意識が変わりますよ。