あなたも私もストレートネックかも!?その原因と生活習慣とは?

パソコンでストレートネック

身体の歪みというのは多くの現代人が悩んでいる問題です。その中でも、首や肩のこりについては、パソコンを使ったデスクワークをしている人に多く見られます。

 

首や肩がこる原因として、最近はストレートネックが問題視されているのはご存知かと思います。こりが起こる原因のほとんどはストレートネックが関係しているとさえ言われているのです。

 

実は、ストレートネックになる危険性は、パソコンを使っている人だけではありません。今後の見通しとして、ほとんどの日本人がストレートネックになってしまうのではないかと予想されています。

 

 

なぜほとんどの日本人がストレートネックになってしまうのか、ストレートネックになると生活にどのような支障が出てくるのか、今回はそんなストレートネックについて解説しています。

 

 

ストレートネックとは?

 

ストレートネックというのは名前からイメージされる通り。首の頸椎が真っ直ぐになってしまう症状です。
「真っ直ぐならいいんじゃないの?」
「真っ直ぐなのが普通だよ!」
と思いますよね。

 

パソコンでストレートネック

 

正常な頸椎は衝撃を吸収できるように自然なカーブを描いています。実は真っ直ぐではないのですね。首にとって正しくない姿勢を継続的に何年も繰り返すと、首に変な癖が付いてしまいます。そうすると、頸椎の湾曲が失われてしまい、真っ直ぐになり首だけが前のめりになった状態になっていきます。これがストレートネックと呼ばれている状態です。

 

首の上には頭があります。頭の重さは約5kg。およそ、体重の10%強くらいの重さがあります。頭の重みは頸椎が湾曲していることで、その重さを分散(軽く)しています。しかし、その湾曲が失われ、真っ直ぐになってしまうと・・・

 

そうです。今まで頭の重さを分散していたのが、分散できなくなります。

 

 

上の図をご覧下さい。通常の場合(右側)は、頭が後ろの方にありますよね。背骨の延長線上です。左の画像では頭が前の方に来ています。こうなると、今までのように首と背骨だけでは頭を支えることができなくなるのです。でも、頭は支えないといけませんよね。

 

やがて、首だけでは頭を支えきれなくなり、首や肩の筋肉を使って頭を支えるようになります。本来とは違う役割をすることになった首や肩の筋肉は異常なストレスを感じるようになり、筋肉はやがて硬くなっていきます。これが首や肩のコリというわけです。

 

しかも、ストレートネックになると、コリだけでは済みません。身体の至るところに負担がかかるようになり、不定愁訴と言われる「原因がよくわからない」辛い症状が出てくるようになります。

 

 

ストレートネックになる原因「首にとって正しくない姿勢」とは?

 

先にストレートネックになる原因として「首にとって正しくない姿勢を継続的に何年も繰り返すと、首に変な癖が付いてしまいます」とお話しました。正しくない姿勢とはどのような姿勢のことかを解説します。この姿勢こそがストレートネックの原因であり、肩こりを発生させる元になっています。

 

ストレートネックになる原因は、慢性的・継続的なうつむき姿勢や前傾姿勢と言われています。今まではストレートネックを引き起こすうつむき姿勢の代表として、最初にお話しした通り、パソコンを使った長時間のデスクワークが挙げられてきました。

 

でも今はパソコンの作業と同等、もしくはそれ以上と言われている原因が挙げられています。それは、
パソコンでストレートネック
ほとんどの日本人が毎日使っている「スマートフォン」
このスマホが原因とされるストレートネックが急増しているのです。

 

パソコンを使ったデスクワークや作業は、机の高さや椅子の高さ、モニターの角度を適切に調整することや、座り方を意識することである程度前傾姿勢を軽減できます。

 

しかし、スマホはうつむきながら使用するのが基本です。さらに、ベッドやソファで横向きになって操作する姿勢。これも首に負担をかける姿勢の1つです。

 

電車やバスの中で移動中にスマホをずっと見ている人って多いですよね。みんな下を向いて操作しています。スマホを顔の高さで操作するならストレートネックになる危険性は減りますが、そうする人はほとんどいません。

 

 

ストレートネックは、ある日突然なるのではなく、日々の生活スタイルの蓄積で発症するもの。スマホを四六時中操作している若い人達にストレートネックが広がるのは間違いありません。これが、日本人のほとんどの人がストレートネックになってしまうだろうと予想できる理由なのです。

 

日本でのスマホ利用率は、60%以上と言われています。その中でも、20代の人の95%弱の人はスマホを使っているそうです。30代でも80%以上、40代で70%以上という統計も出ています。今となっては生活でもビジネスでも必需品のスマホ。20代の95%の人は、ストレートネックになっているか、その予備軍と言っても過言ではないでしょう。

 

 

スマホを使わない子どもでも安心はできません。

子ども ゲーム

スマホではなく、携帯型のゲームに夢中になってうつむいたまま長時間過ごしている子もいます。もちろん、そんな状態もストレートネックを誘発してしまいます。

 

そうなると、若いうちから肩こりや首のこり、頭痛を訴える子供は益々増えていくでしょう。既に若い世代で肩こりを訴える人が増えているとも言われています。

 

また、例外的な原因として、過度の姿勢矯正を行っている人にも起こり得ます。異様に背骨を反らせ、胸を張るような姿勢ですね。激しく首を振るダンサーの中にも、ストレートネックになる人が増えています。

 

 

ストレートネックによって起こる症状

 

ストレートネックによって起こる症状は、やはり首回りから発生することが圧倒的に多いです。首のコリや張り、痛みによって首を動かしにくくなる、回しにくくなるといった症状からスタートします。

 

やがて、頭痛やめまい、ふらつき、手のしびれ、逆流性食道炎や吐き気、そして自律神経失調症など全身の至るところに不調が出てきます。

 

 

なぜそんな広範囲にまで辛い症状が広がるのかと言うと、首は各部位の神経が通る道。そこにある肩や首の筋肉がストレートネックによって凝り固まると、この神経を圧迫してしまうのです。

線路

指先に繋がる神経を圧迫すると、指先にしびれが現れるようになるのです。

 

だから、ストレートネックと言っても、首周辺だけの症状ではおさまらず、全身に辛い症状が出始めてしまうのです。

 

 

もちろん、全身に出る辛い症状が、ストレートネックによるものだけとは限りません。他の原因の場合もあるでしょう。

 

しかし、ストレートネックは百害あって一利なし。こり以外の症状が出ることは珍しくありませんし、ストレートネックを治したら辛い症状が治まったという方も多数います。

 

 

ストレートネックは男性より女性がなりやすい!?

 

肩こりは男性より女性の方がなりやすいと言われています。肩の筋肉が男性の方が発達しているからというのもありますが、根本的に女性の方がストレートネックになりやすいのです。

 

これは、筋肉だけではなく、女性の方が男性より首関節が柔らかいからです。関節が柔らかいということは、変形しやすいということ。

 

つまり、男女共に同じようなうつむき(前傾)姿勢をしていたとしても、女性の方が真っ直ぐ(ストレート)に変形しやすいのです。同様に成長期の子供も関節が柔らかいので、ストレートネックになりやすいと言えます。

 

他にも、性格的なもので、女性の方が何かに集中できる時間が長いですよね。ずっと同じ姿勢で根を詰めて作業できるのは女性です。今回に至っては、それが災いしてストレートネックになりやすいということになってしまうのです。

 

でも女性のみなさん、落ち込むことはありません。

 

 

女性の方がストレートネックを治しやすい

 

柔らかい

 

ストレートネックは、首の関節が柔らかいために変形してしまいます。という事は「治すこともできる」のです。しかも関節の柔らかい女性の方が早く治すことができます。

 

男性も現代の生活を見ると、やはりストレートネックになっている、もしくは予備軍の人は多いでしょう。ただ男性の場合は、我慢する人が多い。だから限界が来た時には、症状がかなり悪くなっている場合が多いのです。つまり治すのに時間がかかるということです。

 

 

病院ではストレートネックは治らない?

 

ストレートネックと診断された方の口コミを見ていると、これでは治らないだろうなぁという方を多く見かけます。

 

「レントゲンを撮ったらストレートネックと診断されました。湿布と痛み止めを出してもらいました。」

 

この処置で首の関節をどうやって元の湾曲に戻せるというのでしょう。湿布で頸椎が柔らかくなるわけありません。痛み止めは、脳に痛みを感じさせている物質を遮断するだけで、首に湾曲をつける作用は持っていません。

 

少し気が利く病院だと筋弛緩剤と言って、筋肉の緊張をほぐす薬を出してくれます。飲んで暫くの間は、こりが楽になるでしょうが、すぐに元に戻ります。頸椎を治していないですからね。私も筋弛緩剤を飲んだことがありますが、私の場合は眠気が来ただけでコリすら楽になりませんでした。

 

考え中

 

病院ではストレートネックの治療法が確立していないのだと思います。首の牽引をする人もいますが、必要なのは引っ張ることではありません。真っ直ぐを湾曲させることなのです。

 

手術という手段が今は無いようなので、整形外科などの病院では、対症療法(今出ている辛さを和らげる処置)が主流となっているようです。

 

だからいつまで経っても肩こりから解放されない人が多いのです。

 

 

ストレートネックを放置した時のリスクとは?

 

もし、ストレートネックを放置すると、どのような症状が現れるのか例を挙げます。

 

チェック肩から首にかけてのコリ。さらには痛みが発生する

 

チェック頭痛が起き、頻度が段々と多くなる

 

チェック指先の冷えやしびれを感じる

 

チェック1ケ月に何回も寝違える

 

チェック壁に背中を付けた時、頭が壁につかない

 

チェック上を向く姿勢が辛くなる(首が動かない)

 

チェックずっとだるい

 

チェック集中力の低下

 

チェック気分が落ち着かず、いろいろなことが嫌になる

 

チェック耳鳴りが発生

 

チェック自律神経失調症のような症状が出る

 

ストレートネックになるとこれらの症状が出やすくなります。ただ、全ての症状が出てくるというわけでもありません。それでも1つでも出てきたら辛いですよね。

 

自律神経失調症の症状については、書ききれないくらいの症状があるので、不定愁訴と言われるよく原因が分からない辛い症状全般と思って下さい。

 

自律神経
引用:スローコアピロー

 

 

ストレートネックを放置しておくと、これらの症状が複数個現れる可能性があります。まずは肩こりや首こりです。最初の症状は、人によってあまり違わないと思います。

 

その後、ストレートネックの状態で、首のどこに多く負荷がかかるかによって、腰だったり、指先だったり、膝だったりと分れてきます。

 

 

厄介なのは、これらの症状がストレートネックによるものだと一般的には思いつかない点です。確かに別の原因の場合もありますが、ストレートネックが原因だとしても、病院に行っても気づいてもらえないことが多いのです。

 

運よくレントゲンを撮ってストレートネックに気付けたとしても、これらの症状との関連を知らず、また医師も気づけずにずっと辛さに耐えている方が意外と多いのです。

 

 

このサイトをご覧になったあなたは、こんな辛い症状が出た時に原因の1つとしてストレートネックを疑えるようになりましたね。

 

あなた自身だけではなく、近くの方がもし原因不明のこれらの症状に悩まれているようでしたら教えてあげて下さい。

 

 

自分はストレートネックだと思っておく方が賢明です

 

ストレートネック

 

現代のパソコンやスマホの普及率を考えると、あなたも既にストレートネックになっていると思っていた方がいいでしょう。

 

仮にそうでなかったとしても、ストレートネックを治す方法や、ならない姿勢を意識することは、体にとって何の害もないからです。肩こりだって同じ対処法で和らげることもできるのです。

 

 

ストレートネックを何とかしたいと思ったら

 

ストレートネックは治せる症状です。それは先に説明させていただきました。私の場合は、ストレートネックだと病院で言われたわけではありませんが、横向きの写真を見た時に明らかに首が斜め前に飛び出ていました。典型的かつ模範的なストレートネックだったと思います。

 

その私がコリを解消した方法を紹介していますので、ご参考になればと思います。ストレートネックについて私が詳しくなった原点です。

 

20年近く続いた肩こりを克服した方法

 



↓このストレッチ法は私が証人です!↓


スローコアエクササイズ

関連ページ

ストレートネックになる姿勢
ストレートネックになる姿勢を知ることで、ストレートネックからの改善や予防に繋がります。ストレートネックを解消する第一歩はこちらから。
ストレートネックになる姿勢を矯正する方法
ストレートネックを解消するためには、ストレートネックになりやすい姿勢を矯正することが必要です。そのために必要なヒントを紹介しています。
超簡単!ストレートネックを自分でチェック
ストレートネックかどうかは簡単に自己診断できます。肩や首のこりが気になる方、顔が前のめりになっていると感じる方、姿勢が悪い方は、まずストレートネックの自己診断をしてみましょう。
巻き肩矯正ストレッチ
健康にも美容にも悪影響を及ぼす巻き肩。巻き肩を解消するポイントを2つとどのストレッチ方法がいいかをご紹介します。
CMで有名なビタミン剤を飲んでもこりが治らない理由
肩こりや首こりに良さそうなビタミン剤。飲んで良くなる人、全く治らない人がいるのはなぜでしょうか?
マッサージや整体に行ってもこりが取れない理由
マッサージや整体に通っているのにこりが取れるのはその日だけ。なぜ??
偏頭痛に効果のあるコーヒー。首こりや肩こりの頭痛にはダメ!
コーヒーは頭痛にいいのか悪いのか?頭痛の種類によって違ったのです。
首が動かなくなる実験
ストレートネックが進行すると首にどんな影響が出るのかピンと来ていない方は、ぜひこの体験をしてみて下さい。日頃の意識が変わりますよ。