ストレートネックになる姿勢

ストレートネックになってしまう姿勢

 

悩み

 

ストレートネックは突然なるものではありません。
日々の生活の中で徐々になっていきます。

 

ストレートネックになる最大の原因は姿勢です。

 

そんなことは知っているよ!
という方も多いでしょうが、知っていても意識して治そうとしていないといつまでたってもストレートネックは治りません。

 

原因となる姿勢を知ることで、日常生活の中で気をつけるようになり、矯正できるスピードが早まります。

 

逆に原因をきちんと分かっていないと、どんな効果的な矯正をしてもストレートネックは良くならないのです。

 

仮にどんなストレートネックにも驚くべき効果がある方法があったとしましょう。
その方法を使えばストレートネックがみるみる矯正されるという方法です。

 

その方法でストレートネックが矯正されていっているにも関わらず、悪い姿勢をし続けていたら・・・
ただのイタチごっこですよね。

 

ストレートネックになる姿勢とは頭が前に出る姿勢

ストレートネックになりやすい姿勢を細かく探すとたくさんあります。

 

だからここでは、
頭が前に出てしまう姿勢
と覚えておくようにしましょう。

 

大事なことは頭が前に出る姿勢自体が問題なのではなく、
悪い姿勢を長時間続ける、1日に何度も繰り返す
ことです。

 

実は頭が出る姿勢=悪い姿勢は生活に溶け込んでいる姿勢なので、
完全に無くすことはできませんが、
悪い姿勢の時間を減らす、ストレッチをする
だけでも体に変化がおとずれます。

 

 

頭は本来、背骨の上にのっている状態が正しい位置です。
背骨より前に出る状態が長く続けば続くほどストレートネックになる危険性が高まります。

 

もう少しイメージしやすいように具体例を挙げます。

 

ストレートネックの原因になる姿勢『猫背』

猫背

 

猫背は頭が前に出る典型的な姿勢です。
背骨が丸まっているというイメージが強いですが、頭が前に出てしまっている状態ともいえます。

 

上の図の通り、正しい姿勢の場合は背骨の延長線上に頭がきます。
肩と耳が同じ線上にあるのが正しい姿勢です。

 

一方の猫背は耳がかなり前にずれています。
つまり頭が前に出ているということです。
ストレートネックになっていく典型的な状態です。

 

ストレートネックの原因になる姿勢『うつむき姿勢』

うつむき姿勢

 

猫背の他にも頭が前に出る姿勢があります。
それはうつむき姿勢です。
スマホ首とか前傾姿勢とも呼ばれます。

 

下を向いている状態のことをうつむき姿勢と呼びます。
最近はこのうつむき姿勢の問題が急スピードで上昇しています。
テレビや雑誌でもよく紹介されていますよね。

 

スマホ、タブレット、ノートパソコンです。

 

スマホやタブレットの操作は、一般的に下を向いて行うことが多いです。
スマホを目の高さまで上げて操作する人はほとんど見かけません。

 

特にスマホは今後も生活から切り離すことはできないでしょうし、ガラケー時代と比べて2倍ほど使用時間が長くなっているようなので、スマホを使用している時の姿勢を無視することはできません。

 

また、うつむき姿勢から猫背に繋がることも非常に多いので、いま猫背ではなくても今後注意が必要です。
逆に猫背の人はまず間違いなくうつむき姿勢にもなっています。

 

 

猫背とうつむき姿勢。
まずはこの2つの姿勢に注意して下さい。
この2つの姿勢がストレートネックになる最も悪い姿勢です。

 

頭が前に出る姿勢は他にもたくさんあります。
しかし、この2つに注意することと、頭が前に出るのが良くないという意識があれば、自然と気をつけるようになります。

 

頭が前に出る他の姿勢

最初に注意すべきなのは上記の2つですが、
参考に他の姿勢の紹介もしておきましょう。

 

電車やバスの中での居眠り
受験勉強中の姿勢
携帯型のゲーム
読書

・・・・
挙げ出すとキリがありません。

 

だからこそ、
頭が前に出る姿勢が悪い姿勢という意識を持つことが必要になるのです。

 

ストレートネックになる姿勢まとめ

いかがでしたでしょうか。
ストレートネックになりやすい姿勢は日常生活の中にたくさんあります。

 

悪い姿勢とは分かっていても、それを治そうとしない人の方が圧倒的に多いです。
今回改めてストレートネックになりやすい悪い姿勢をつかめたはずです。

 

頭が前に出る姿勢
でしたね。

 

特に猫背とうつむき姿勢は、非常にストレートネックになりやすい姿勢です。
問題は一時的ではなく、長時間あるいは1日に繰り返し悪い姿勢をすることです。

 

ストレートネックとは、
本来自然にカーブしている首の骨がまっすぐになってしまう状態です。

 

ストレートネックになってしまうと、生活に支障が出る
場合が多々あります。

 

主な症状としては、首や肩のこり、頭痛やめまい、吐き気、耳鳴り、手のしびれ、また自律神経失調症等があります。
他にも腰痛や集中力の低下、不眠、うつ症状を発症することさえあります。

 

一度なってしまうと、なかなか治りにくいと言われるストレートネック。
ただ、時間はかかっても意外と簡単な方法で解消することも可能です。

 

次は今回紹介した悪い姿勢を治していくためのヒントを紹介します。

 

猫背 猫背の場合に気をつけないといけないのは、いかに無理なく「簡単に」背筋を伸ばしていられるかです。意識すべきポイントを紹介します。

>>続きを読む

うつむき姿勢 うつむき姿勢で気をつけないといけないのは、日頃の意識が最も重要です。少しのことでも大きな変化をもたらすので習慣化しましょう。

>>続きを読む

デスクワーク デスクワークの場合に気をつけないといけないのは、座る時の姿勢とパソコンの位置です。仕事の効率もアップする方法を紹介します。

>>続きを読む


↓このストレッチ法は私が証人です!↓


スローコアエクササイズ

関連ページ

ストレートネックとは
ストレートネックをご存知ですか?知らないと生活にも支障が出ることもあるんです!現代の生活習慣は、ストレートネックになるのが当たり前!?その原因を説明します。
ストレートネックになる姿勢を矯正する方法
ストレートネックを解消するためには、ストレートネックになりやすい姿勢を矯正することが必要です。そのために必要なヒントを紹介しています。
超簡単!ストレートネックを自分でチェック
ストレートネックかどうかは簡単に自己診断できます。肩や首のこりが気になる方、顔が前のめりになっていると感じる方、姿勢が悪い方は、まずストレートネックの自己診断をしてみましょう。
巻き肩矯正ストレッチ
健康にも美容にも悪影響を及ぼす巻き肩。巻き肩を解消するポイントを2つとどのストレッチ方法がいいかをご紹介します。
CMで有名なビタミン剤を飲んでもこりが治らない理由
肩こりや首こりに良さそうなビタミン剤。飲んで良くなる人、全く治らない人がいるのはなぜでしょうか?
マッサージや整体に行ってもこりが取れない理由
マッサージや整体に通っているのにこりが取れるのはその日だけ。なぜ??
偏頭痛に効果のあるコーヒー。首こりや肩こりの頭痛にはダメ!
コーヒーは頭痛にいいのか悪いのか?頭痛の種類によって違ったのです。
首が動かなくなる実験
ストレートネックが進行すると首にどんな影響が出るのかピンと来ていない方は、ぜひこの体験をしてみて下さい。日頃の意識が変わりますよ。