ストレートネックを治す デスクワークの姿勢

デスクワーク時の姿勢に要注意!

デスクワーク

 

ストレートネックになる姿勢を知る!でも紹介しましたが、ストレートネックを治すために特に気をつけないといけないのは、猫背とうつむき姿勢でした。

 

頭が前に出ている姿勢がストレートネックになりやすく、どんな状況の時にそのような姿勢になるのかが大体つかめたと思います。

 

1つ1つの動作を覚えていてもキリがないので、大まかにイメージしておくといいでしょう。

 

そして、悪い姿勢は一時的な場合は大きな問題ではなく、
長時間その姿勢を続けたり、1日のうちで何度も悪い姿勢をとってしまうことが問題でしたね。

 

そこで今回は、仕事でデスクワークをしている時の注意点を紹介します。
デスクワークをしている時は、ストレートネックに繋がる猫背やうつむき姿勢になりやすく、また長時間に及ぶことが多いので注意して下さい。

 

デスクワークで最も注意するのは、

  • 座っている時の姿勢
  •  

  • パソコンの位置
  •  

  • 書類の作成

です。

 

基礎的なことですが、ストレートネックの解消や予防に繋がるばかりか、
仕事の効率もグンと上がる
ので、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

座っている時の姿勢

デスクワークなど長時間座って作業をする場合は、座り方がとても重要です。
まず大切なことは、姿勢を正しくするということですね。

 

椅子に深く腰掛けるのがポイントです。

お尻が背もたれにつくぐらい奥にして座ります。

 

いわゆるふんぞり返った姿勢にならないよう、

腰(骨盤)が起きた状態
になっていることを意識して下さい。

 

背もたれの角度を調節できるなら、90度〜100度くらいにしておき、背中が曲がってしまわないにしておくとなおいいです。

 

椅子をお腹が机につくくらいまで引き寄せ、高さを調節します。

肘をアームレストか机にのせたとき、肘の角度が90度で作業できる高さに合わせましょう。

 

これで椅子の設定は終わりです。
足を組むと体が歪みやすくなるので、組まないよう癖づけましょう。

 

ここまで出来たら、次はパソコンの位置を設定します。

 

パソコンの設定

座っている時の姿勢を正すことができたら、次はパソコンの設定です。

 

基本的にノートパソコンはストレートネックや肩こりの対策としてはいいものではありません。
できるならデスクトップ型パソコンを使用したいところです。

 

デスクトップ型パソコン

 

モニターは目線か目線よりやや下の高さが望ましいです。

低いようなら雑誌を下に敷いてでもモニターの高さを上げるようにして下さい。

 

目からの距離は50cm以上離して下さい。

 

椅子の調節と座り方、パソコンやモニターの位置を変えるだけで疲れにくくなり、仕事の効率も上がります。
ストレートネックの予防ができ、仕事もはかどるポジションをぜひお探し下さい。

 

ノートパソコンの場合

ノートパソコンの場合は、モニターとキーボードが一体になっているので少し気を使います。

 

モニターを目から離すと一緒にキーボードも離れて行ってしまうので、上体が前のめりになりやすくなります。
上体が前のめりになるということは猫背になりやすく、またストレートネックにもなりやすい姿勢です。

 

逆に近づけると目が疲れやすくなります。

 

関連ページ:目が疲れると肩もこる!デスクワークにおすすめのビタミン目薬は?

 

可能ならデスクトップに変えたいところですが、難しいようでしたら、
外付けキーボードを使う
又は
外付けモニターを使う
といいでしょう。

 

それも難しく、ノートパソコンを今のまま使うしかないようでしたら、ノートパソコンを置く前後に何も置かないようにして下さい。
同じ姿勢を続けないように、ノートパソコンを手前に近づけたり、遠ざけたりしながら作業をするようにして下さい。

 

同じ姿勢を続けないことが大事です。

 

書類の作成

デスクワークの内容は昔と比べて随分と変わりました。
最近は書類もパソコン内で終わらせることが多く、印鑑をもらう時だけプリントアウトするようになった方も多いかもしれません。

 

とは言っても、今でも紙ベースの書類を作成する作業や伝票入力を行う方も多いでしょう。
そのような書類を作成する作業を行う時に注意したいのが「うつむき姿勢」です。

 

長時間にわたって書類作成をする場合は、休憩を挟むのがポイントとなります。

 

そんなこと?と思われましたか。
でも、休憩を挟まずに黙々と作業している社員は多いですし、分かっていてもやっていない方が多いです。

 

下を向いているので、首の筋肉が疲労しやすくなります。
また集中すると肩に力が入りやすくなるので、長時間書類を作っていると肩がかなりコリます。

 

1時間作業したら10分程度バレずに休むようにしましょう。

 

10分が厳しければ5分でもいいので、席から立ちあがってトイレに行くなどして下さい。

 

体を起こすこと、歩くこと、視線を上げることがストレートネックの予防に繋がります。
目の疲れも少し和らぐので、タイマーをセットするなどして休憩を入れるようにしましょう。

 

時間がないと思うこともあるでしょうが、適度に休憩を挟むことが仕事の効率化に繋がります。

 

2時間耐えて仕事するより、10分休憩を入れて1時間50分仕事した方がはかどることはよくあります。

 

 

【ストレートネックを治す準備】デスクワークの姿勢を変え効率をアップする方法のまとめ

今回はデスクワーク時の座っている時の姿勢について紹介しました。
座っている時の姿勢がストレートネックを引き起こすこともあるのでご注意下さい。

 

座っている時の姿勢の復習

  1. 椅子に深く座る
  2. 骨盤が起きた状態で座る
  3. 肘が90度で作業できるように椅子の高さを調節する
  4. パソコンのモニターは目線よりやや下に
  5. 目とモニターは50cm以上離す

これらを意識しましょう。

 

姿勢を変えたデスクワークのメリット

正しく体を起こした状態でデスクワークを行うメリットは、ストレートネックの解消や予防だけではありません。

 

今までよりかなり疲れにくくなりますし、上体を起こし肩が前に丸まらないようにすることで、深い呼吸ができるようになります。

 

猫背は肩が前に丸まり、胸を窮屈にしてしまいます。
すると、呼吸が浅くなり、脳に酸素が充分行き渡らなくなります。
結果、眠気が来たり、集中力が落ちることになります。

 

ストレートネック対策を意識した座り方ですが、仕事の効率を上げるメリットもあるのです。

 

一石二鳥以上の効果があるので、さっそく実践してみて下さい。


↓このストレッチ法は私が証人です!↓


スローコアエクササイズ

関連ページ

うつむき姿勢
ストレートネックを急増させた原因はうつむき姿勢です。うつむき姿勢とどうやって付き合っていくか。ストレートネックを解消するには避けて通れません。
猫背を解消
ストレートネックを治す為には姿勢への意識は欠かせません。猫背のままストレートネックを治すことは不可能です。簡単に意識づけできる方法を紹介します。